事例紹介 / お客様の声
WORKS & VOICE

事例紹介
No.003
大英産業株式会社

新入社員研修 ~厳しい中にも承認中心の指導が効果的でした~

#定着 #研修 #講師派遣

今回は、新入社員研修に弊社の派遣講師をご活用頂いた福岡県北九州で急速に業績を伸ばしている大英産業株式会社の西山様に研修のご感想を伺いました。

 

小石原:本日はよろしくお願い致します。改めて今回は弊社の新入社員研修講師をご利用頂き有難うございました。今回研修をご発注頂いた背景について少しお伺いしてもよいでしょうか?

西山:そうですね。元々弊社はOJT中心で新人育成を行う意識が強い組織なのですが、ここ数年、新入社員とのジェネレーションギャップを感じることが多くなりました。例えば「言い過ぎると辞めてしまう」「目的がはっきりしないと動かない」など、世代間の価値観が大きく変わるなかで従来の様な育成の仕方では通用しなくなったことを感じていました。

そうなってくると、OJT担当者も新人育成に対して気おくれする部分が出てきて、特に所作の部分(例えば、大きな声であいさつをする、お辞儀をする等)に対して、従来の様に強く言えなかったり、逆に言わないといけないことを気を使いすぎて言えなかったりすることが出てきました。ですから、第3者として、社会人として大切な「挨拶」や「礼儀礼節」を厳しくも暖かく伝えることのできる先生を探していました。

また、弊社では上場後、「理念経営」にスイッチしたことで「人の意思やパワー」を原動力に経営を行うようになりました。ですから、今まで以上に想いの部分の共感を軸に人材育成を行う必要が課題としてありました。

小石原:実際の新人研修はいかがったでしょうか?

西山:本当に元気が良くて、ポジティブに厳しい先生で(笑)。弊社の社風を良くご理解頂いてベストの先生を選択して頂いて有難うございます。一見するとスパルタに見えるのですが、一人ひとりの成長を想って、トコトン寄り添う姿勢に大変感銘を受けました。

2日間の研修をオブザーバーとして見学させて頂いていたのですがこの2日間で「承認の大切さ」を私たちも学ぶことが出来たと思っています。実はこれまで、承認することに抵抗がありました。単なる甘やかしになるのではないかと思って。

「人格否定ではなく、行動の修正」

承認の方法を理解できたことも私たちの大きな収穫だと思います。本人の価値観と行動への承認を繰り返し行う事は、とても前向きなエネルギーに満ちていて、私たちが目指す自律協働型の組織づくりに欠かせないものだと感じました。

小石原:研修後の変化はいかがでしょうか?

西山:まず声量が大きいですね(笑)。しっかり挨拶の練習をしたことが実務にそのまま出ていると思いました。細かいところでは、「 椅子を引いて座るとか」「 立った時に指がそろっている」「挨拶がしっかりできる」など2日間という短い時間でしたが教えてもらったことは継続が出来ていますね。新入社員としてのベースが出来ているので 安心して次が教えられる状態になっています。

今回はインタビューにお時間を頂き有難うございました!引き続きよろしくお願い致します!

お客様情報

会社名 大英産業株式会社
創業年月日 1968年11月28日
事業内容 ・新築分譲マンションの企画販売
・新築一戸建住宅の企画販売
・宅地開発、造成、販売
・中古住宅の買取り再販
・住宅リフォームの企画、設計、施工
・タウンハウスの企画販売
・街づくり事業
所在地 福岡県北九州市八幡西区下上津役4-1-36
従業員数 335名

関連する事例